麻布十番のMK歯科医院の根本的に治す歯周病治療

お電話でのご予約お気軽にご連絡下さい tel. 03-6435-4141

Top > 歯周病治療

Perio

麻布十番の歯科・歯医者

Perio

歯周病治療について

歯垢には、むし歯を引き起こす菌だけでなく、歯周病を引き起こす菌も含まれています。

歯周病菌は、歯と歯茎の間の細い隙間である歯肉溝にとどまり、さまざまな毒素を出して、歯茎を炎症させて歯肉炎になります。

歯周病は、多くの大人がかかっている生活習慣病です。 しかし、初期のうちは自分で気づきにくく、知らないうちに進んでいきます。そして、歯周病で歯槽骨などの組織が壊れてしまうと、元に戻すのはとても難しいと言われています。

歯周病は、歯医者で治療するだけではなく、自分でケアすることも大切です。自分でケアしないと、簡単に再発してしまいます。だから、定期的に歯医者に行って、メンテナンスをしてもらう必要があります。

こんな症状はありませんか?

下記のような症状あるかチェックボックスにチェックしてください。1つでも当てはまる場合は歯周病の疑いがあります。歯科医院で検診を受診しましょう。

歯周病チェック

歯周病と関りがある全身疾患

歯周病と関りがある全身疾患

歯周病菌が出す毒素は、歯茎の血管を通って全身に広がり、さまざまな問題を引き起こします。また、糖尿病や喫煙の人は、歯周病が重くなりやすく、治りにくくなるということも分かっています。歯周病と全身の健康は、お互いに影響しあっているのです。

そのため、歯周病を軽視せず、早期治療と予防に努めることが大切です。

歯周病との関連性が報告されている疾患

  • メタボリックシンドローム
  • 脳血管疾患・心臓疾患
  • 早産・低体重児出産
  • 誤嚥性肺炎
  • ピロリ菌感染胃疾患
  • 骨粗しょう症
  • アルツハイマー型認知症
  • 糖尿病
  • 関節リウマチなど

歯周病の進行度と治療法

健康な状態

健康な状態

歯茎が健康な状態で、歯周ポケットは2~3mmと言われています。適切な歯磨きを行い、定期検診を受けてこのままの状態を維持しましょう。

軽度歯周病病(歯茎が腫れ、押すと血が出る)

軽度歯周病病

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~5㎜程度と言われています。この段階では歯垢(プラーク)や歯石をスケーリングなどで取り除き、適切な歯磨きを毎日行うことで改善を図ります。

治療法
丁寧なブラッシングにより、歯茎の状況を改善。
スケーリングによる歯石の除去や歯茎の中のルートプレーニング。
歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング(PMTC)。

中等度歯周病
(口臭、歯が動く、噛むと痛い、膿が出る等)

中等度歯周病

中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは4~7㎜程度です。この段階での治療法はスケーリングやルートプレーニングが主となります。ただし、歯周ポケットが深くなると、局所麻酔をして歯茎を切開し、隠れているプラークや歯石を取り除くフラップ手術を行う場合があります。

治療法
丁寧なブラッシングにより、歯茎の状況を改善。
スケーリングによる歯石の除去や歯茎の中のルートプレーニング。
歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング(PMTC)。
フラップ手術などの歯周外科を行う場合も。

重度歯周病(食べ物を噛む力が弱くなる・顔貌が変わる)

重度歯周病

重度歯周病では、歯周ポケットが6㎜以上となり重度の骨吸収を起こします。そのため、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階では再生療法を用いて歯周組織の再生を図るか、抜歯をしインプラントや入れ歯で補うなどの大掛かりな治療を行います。

治療法
完治させるのは非常に困難。
歯を保存出来る状態であれば、歯周外科手術や再生療法を行う。
歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング(PMTC)。
歯の保存が難しければ、抜歯をしてインプラントや入れ歯、ブリッジなどで補う。

歯周病治療メニュー

お電話でのお問い合せはこちら
tel. 03-6435-4141

受付時間 9:00〜18:00
※日曜不定休・祝日定休

\ 24時間受付中 /